まんまるおしりが大切にしたいこと

まだ言葉を話さない赤ちゃんとのコミュニケーションは難しい・・・うちの子なんでこんなに泣いているの?

 

そう思っているお母さんはたくさんいるのではないでしょうか。

おむつなし育児を始めたら、赤ちゃんから発信していることが、こんなにあったのか!と驚かされます。

 

 

子どもは自ら育とうとする力をもって生まれてきます。

そして、子どもは一人ひとり違います。

 

子どもが種だとしたら、大人ができることはなんでしょう?

「あかちゃん、あなたはどうしたい?」に耳を傾ける。

 

早く芽が出るように引っ張ることはできますか?

 

いいえ。

 

種から芽が自然と出ることを信じて、楽しみに待つ。

 

待つことって、とても難しい。焦ったり、ほかの種と比べたり、どんどん水をあげてみたり・・・したくなりますね。

 

大丈夫。あなたのところに来てくれた種は、1番その種にとってベストなタイミングで芽を出してくれます。

 

その時は、種自身が決めてくれます。

 

大人は、種が心地よくその時を迎えられる日まで、ぬくもりと優しい言葉をそっと注ぎながら、時に周りの力を借りながら、待ちましょう。

 

1人では難しいことも、仲間がいると乗り越えられる。

 

まんまるおしりには、一緒に語り合える仲間がいます。

 

気軽に始められるおむつなし育児。

必要なのは、「赤ちゃんのことをもっと知りたいと思う気持ち」。

 

赤ちゃんの笑顔と、お母さんの嬉しいがつながる場所。

それが「まんまるおしり」です。

 

毎月、交流会を開催しています!

少しでも気になった方は、お気軽にお申込みください。

 

お待ちしています!

 

まんまるおしり 藤沢おむつなし育児交流会代表

プロフィール

 糸井真理子(いといまりこ)

神奈川県藤沢市在住

元幼稚園教諭、学童クラブスタッフを経て、現在1児の母。

おむつなし育児アドバイザーとして、「育児を楽しく!」をモットーに活動中。